トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

tips-ntp

FREE BSD

FB-ntpd

Linux

LN-ntpd

GPS

https://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09991/

これでやろうかな。。1PPSがでているし。。

 自宅に Stratum 1 のサーバーを作ろう。

C-dex シーデックス(株)さんの JST200 と言う物をつかって自宅にNTPのサーバを作る(基本的に電波時計と同じ理論なので電波が受信できればよいらしい。)( chrony ( tips-chrony )でもできるのかな?? )

http://www.c-dex.co.jp/main/1.html

自宅には FedoraCore4 と FreeBSD が動いているのでとりあえずFC4 で

/etc/ntp.conf
に
server		127.127.40.0	prefer	mode 2	# C-dex JST2000
fudge		127.127.40.0	time1 0.070
を追加して
/etc/rc.d/init.d/ntpd restart
とで。。。。ここで急いでは行けない。。
/dev 以下に少し修正。。
cd /dev/
ln -s ./ttyS0 ./jjy0

FreeBSDで

ここからはたぶん!!
/usr/local/etc/ntp.conf
に
server		127.127.40.0	prefer	mode 2	# C-dex JST2000
fudge		127.127.40.0	time1 0.070
を追加して
cd /dev/
ln -s ./cuad0 ./jjy0
最後に
/etc/rc.conf に
ntpd=YES
でよいのかな??

ntp-4.2.2 には以下のパッチが必要

ネタ元
https://support.ntp.org/bugs/show_bug.cgi?id=732

 

--- ../ntp-4.2.2p4/ntpd/refclock_jjy.c	2006-06-07  05:16:51.000000000 +0900
+++ refclock_jjy.c	2006-11-04 14:52:10.000000000  +0900
@@ -70,6 +70,10 @@
 /*  2004/11/28                                                         */
 /*    [Add]    Support the Echo Keisokuki LT-2000 receiver            */
 /*                                                                    */
+/*  2006/11/04                                                        */
+/*    [Fix]    C-DEX JST2000                                          */
+/*             Thanks to Hideo Kuramatsu for the patch                */
+/*                                                                    */
  /**********************************************************************/

#ifdef HAVE_CONFIG_H
@@ -281,6 +285,7 @@
		up->unittype = UNITTYPE_CDEX_JST2000 ;
		up->lineexpect = 1 ;
		up->charexpect[0] = 15 ; /* <STX>JYYMMDD HHMMSSS<ETX> */
+		break ;
	case 3 :
		up->unittype = UNITTYPE_ECHOKEISOKUKI_LT2000 ;
		up->operationmode = 2 ;  /* Mode 2 : Continuous mode */

# 国内の NTP サーバ

 ntp.nict.jp
 ntp.jst.mfeed.ad.jp

 0.jp.pool.ntp.org
 1.jp.pool.ntp.org
 2.jp.pool.ntp.org
 3.jp.pool.ntp.org

time.google.org
   time1.google.com
   time2.google.com
   time3.google.com
   time4.google.com

ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)
   ntp1.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2001::27:123)
   ntp2.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2005::57:123)
   ntp3.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2006::87:123)

time.cloudflare.com

s2csntp.miz.nao.ac.jp
団体 ntp server
独立行政法人 情報通信研究機構(NICT ntp.nict.jp https://jjy.nict.go.jp/tsp/PubNtp/index.html 1時間に20回以上の場合には要確認
インターネットマルチフィード(MFEED ntp.jst.mfeed.ad.jp https://www.mfeed.ad.jp/ntp/detail.html
ntp1.v6.mfeed.ad.jp IPv6
国立天文台 s2csntp.miz.nao.ac.jp 利用には要確認
Ring Server Project ntp.ring.gr.jp
NTP POOL PROJECT jp.pool.ntp.org https://www.ntppool.org/zone/jp

Tips

https://qiita.com/halpas/items/5a451ead0b13f6792595

server と peer の違い

peer

 ピアのアドレス、つまり同一 stratum の NTP サービスを実行しているサーバーのアドレスを追加するには、ntp.conf ファイルの peer コマンドを利用します。

peer コマンドは以下の形式になります。

peer address

ここでの address は、IP ユニキャストアドレスまたは DNS の解決可能な名前になります。アドレスは、同一 stratum のメンバーに既知のシステムのものである必要があります。ピアは、相互に異なる時間ソースを少なくとも 1 つ持っている必要があります。ピアは通常、同一管理制御下にあるシステム群です。 

server

 サーバーのアドレス、つまり一段階上の stratum の NTP サービスを実行しているサーバーのアドレスを追加するには、ntp.conf ファイルの server コマンドを利用します。

server コマンドは以下の形式になります。

server address

ここでの address は、IP ユニキャストアドレスまたは DNS の解決可能な名前になります。パケットの送信元となるリモートリファレンスサーバーまたはローカルリファレンスクロックのアドレスになります。