トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

FB-NAMED

C 未満の逆引

うまくいかない時には

 allow-transfer { any; };
 allow-query { any; };

をつける。

// If named is being used only as a local resolver, this is a safe default.
// For named to be accessible to the network, comment this option, specify
// the proper IP address, or delete this option.
//      listen-on       { 127.0.0.1; }; // << コメントアウトする!!!!

の行をコメントアウトする。(でないと localhost からしか通信できない。。

PORT は TCP と UDP 両方通信出来ること

キャッシュサーバネットワークの指定

named.conf に

options {
   (省略)
       allow-recursion {
           service-networks;    # 定義された acl を用いた例
                                #(none/any/localhost/localnets が標準で定義されている)
           192.168.1.2;         # ホストのIPを指定した場合
           192.168.20.0/24;     # ネットワーク単位で指定した場合
       };
   (省略)
};
# 以下 ACL の書方
acl service-networks {
       192.168.100.100;
       192.168.200.0/24;
};

を追加する

192.168.1.2 , 192.168.20.0/24, 192.168.100.100, 192.168.200.0/24 から許可される

Windows AD サーバの対応

参考http://www.linuxquestions.org/questions/linux-networking-3/howto-ms-active-directory-with-bind-on-linux-379377/

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc985025.aspx

動作上以下の内容が必要 ( ドメイン名は適宜 )

$ORIGIN _tcp.dc._msdcs.corp.com.
_kerberos               SRV     0 0 88 AD.CORP.COM.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _tcp.corp.com.
_kerberos               SRV     0 0 88 AD.CORP.COM.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_kpasswd                SRV     0 0 464 AD.CORP.COM.
_gc                     SRV     0 0 3268 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _udp.corp.com.
_kerberos               SRV     0 0 88 AD.CORP.COM.
_kpasswd                SRV     0 0 464 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _tcp.Default-First-Site-Name._sites.corp.com.
_kerberos               SRV     0 0 88 AD.CORP.COM.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_gc                     SRV     0 0 3268 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _tcp.Default-First-Site-Name._sites.dc._msdcs.corp.com.
_kerberos               SRV     0 0 88 AD.CORP.COM.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _tcp.Default-First-Site-Name._sites.ad.corp.com.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_gc                     SRV     0 0 3268 AD.CORP.COM.

$ORIGIN _tcp.corp.com.
_ldap                   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_gc                     SRV     0 0 3268 AD.CORP.COM.

_ldap._tcp.pdc._msdcs   SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_ldap._tcp.<GUID>.domains._msdcs  SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_ldap._tcp.Default-First-Site-Name._sites.gc._msdcs     SRV     0 0 3268  AD.CORP.COM.
_ldap._tcp.gc._msdcs    SRV     0 0 3268 AD.CORP.COM.
_ldap._tcp.Default-First-Site-Name._sites.ad.corp.com      SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
_ldap._tcp.ad.corp.com     SRV     0 0 389 AD.CORP.COM.
ADサーバからのIPの更新の対応を設定
zone "ad01.adserver.foo.bar.domain" in {
 type master;
 file "ad01.adserver.foo.bar.domain.zone";
 allow-update {
    172.16.0.1;
    172.16.0.2;
    172.16.0.3;
 };
};

master の名前の連番化

(省略)
$ORIGIN example.jp.
$GENERATE   20-250  host$   A   192.168.11.$
(省略)

逆引きの連番

(省略)
$GENERATE   20-250  $.11.168.192.in-addr.arpa.      PTR     host$.example.jp.
(省略)

ファイルの読み込み

$INCLUDE master/include/foobar.zone

$INCLUDE master/include/foobar.rev

named.conf のoption のサンプル

options {
       directory "/var/named";
       /*
        * If there is a firewall between you and nameservers you want
        * to talk to, you might need to uncomment the query-source
        * directive below.  Previous versions of BIND always asked
        * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged
        * port by default.
        */
       // query-source address * port 53;
       ####  追加(ここから)    ####
       allow-query{
                   127.0.0.1;
                   192.168.1.0/24; # ← このDNSサーバーを使用するのは内部のみ
       };
       allow-recursion{
                   127.0.0.1;
                   192.168.1.0/24; # ← このDNSサーバーをキャッシュサーバーとして使用するのは内部のみ
       };
       allow-transfer{
                   127.0.0.1;
                   192.168.1.0/24; # ← このDNSサーバーのゾーンデータの転送先は内部のみ
       };
       forwarders{
                   192.168.1.1; # ← ルーター経由接続環境の場合はルーターのIPアドレスを指定※
                   # XXX.XXX.XXX.XXX;  ← PPPoE接続環境の場合はプロバイダから通知されたDNSサーバー(プライマリ)のIPアドレスを指定
                   # XXX.XXX.XXX.XXX; # ← PPPoE接続環境の場合はプロバイダから通知されたDNSサーバー(セカンダリ)のIPアドレスを指定
       };
       #### 追加(ここまで)  ####
};