トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

FB-cutstomISO

 

  1. カーネルを作成
cd /usr/src 
make buildkernel 
# make buildkernel TARGET_ARCH=amd64 KERNCONF=GENERIC
/usr/obj以下にビルドされる
  • ベースの作成
cd /usr/src 
make buildworld 
# make buildworld TARGET_ARCH=amd64
/usr/obj以下にビルドされる
  • イメージの作成
cd /usr/src/release 
make release 
# ?? make release TARGET_ARCH=amd64 
/usr/obj/usr/src/release以下にビルドされる
  • カスタムベースの作成
cd /usr/obj/usr/src/release/dist/base
  以下
 (baseのみが入っている) 
  chrootなどをしてOSインストール時に入っておい て欲しいパッケージをインストール 全て終わったら 
tar cLvJf ./ ../base.txz base.txz
  として base.txz を作成する
  • カスタムイメージの作成
/usr/obj/usr/src/release/release/usr/freebsd-dist 
  OSインストール時に入れるtxzを格納する
 rm /usr/obj/usr/src/release/release/usr/freebsd-dist/base.txz
 cp さっき作ったbase.txz /usr/obj/usr/src/release/release/usr/freebsd-dist/base.txz
  • MANIFESTの作成
これやらないとインストール時ハッシュが合わない 
/usr/src/release/scripts/make-manifest.sh /usr/obj/usr/src/release/release/usr/freebsd-dist/*.txz > /usr/obj/usr/src/release/release/usr/freebsd-dist/ MANIFEST
  • イメージファイルの作成
cd /usr/obj/usr/src/release
 
sh /usr/src/release/i386/mkisoimages.sh -b FreeBSD_Install [好きな名前].iso release 
[好きな名前].isoができます